スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院1週間、術後5日

入院して1週間、手術から5日が経ちましたわ。
ようやくいろいろする余裕が出て来ました。
今まで、鼻チューブ(直接胃の中に栄養剤を流し込むチューブ)、血抜きチューブ(傷の中に血液が溜まらないように排出するチューブ)、点滴、顎を固定するバンドと、フル装備してたので、体は元気でも何もする気力もなくベッドの上でただただぼんやりと過ごしていました。
昨日までにそれらが全部取っ払われ、自由を味わっています。
Oh,フリーダム。
ただ、まだ上下の歯同士をガッチリ固定しているので喋れません。(会話は筆談)
いやー、何がビックリってね、手術予定時間は2時間程度の予定でしたが、実際は6時間もかかったらしいです。
要因は、私の顎の骨が固過ぎてなかなか切れなかったそうですよ。
体は鍛えてたけど、顎の骨まで鍛えてた覚えはないな~。
先生方、手こずらせてホントスミマセン。
どんな手術をしたのかはまた退院したたら書きます。
やっぱりiPhoneからの投稿は入力に時間がかかるわ。

では、また気が向いたら。

あぁ、コンバットしたいわ~。

取り敢えず今後のこと

またド久しぶりの更新です。

久しぶりすぎてBlogのパスワードとIDを忘れてしまいました。
でも、ちゃんとメモしてあったので、デキる女は違うなと。(デキる女はパスワードを忘れない)

軽く近況を。

ジムは相変わらず通ってます。
最近はヨガのプログラムにも参加しだして、ちっとは固い身体が柔らかくなるかと思ったら全く変わらず、スタジオの中でもぶっちぎりで固いです。
でも、ヨガに出た後にボディコンバットに出るとキックする時の足が軽くなって普段よりも高い位置まで足が上がるんですわ。
「今ならキレンジャーになれる!」
なんて思うこともしばしば。(キレンジャー?)

あとは夏から秋にかけて宇都宮さんのライブがあったので、あんな所こんな所に飛んで行きました。
今年も思い出がいっぱい、友達がいっぱい出来て楽しかったです。

小学生の夏休みの日記レベルの近況は以上。

ここからが本題。

知ってる人もいると思うけど、改めて。

私、入院します。

「えー?」
「なんでー?」
「nagaokaさん、病気ー?」
「またアタシ達の元に帰ってくるんだよねー!?」

そんな声が聞こえてきます。(幻聴)
みんな、ありがとう、ありがとう。(幻ty(ry )

全然大したことじゃないんですけどね。

知っている方もいるし、気づいてても触れないでおこうと言う心優しい方もいると思うし、全然知らねーやって方もいると思うので簡単に説明します。

現在、歯列矯正中です。
しかも今年で7年目。
長いねー。
そろそろ飽きてきたわ。

更に歯並びが悪いだけでなく、上下の噛み合わせが逆…つまり、下顎が前に突き出ているんですわ。
歯科の先生から『下顎前突症』というありがたい(?)診断を頂きました。

よく分からない?
まぁ、早い話、シャクレですね。

「そんな風に全然見えない~」
と、言って下さる人もいますが、それはそう見せないようにしているnagaokaマジック

そのシャクレを治すべく、この度、入院&手術をする運びとなりました。

この7年間の術前矯正(と言います)は本当に長かった。
あんな痛い事とか、こんな痛い事とか、あんな流血沙汰とか、そんな思い出ばかり。
でも、ほとんど自分の中のネタとして楽しく過ごしました。

これで終わりのような書き方だけど、手術が終わっても術後矯正ってのもあるんですけどね。
取り敢えず大きな山を越えそうだってことで、最近はワクワクしてます。
どんな入院ライフを送ろうかと、今からいろいろ考えてます。

ただ、顎を手術するので顔がぱんぱんに腫れるようです。
更に噛むことが出来ず、しばらく固形物が食べられなくなるのが残念。
術後は流動食、退院しても数ヶ月くらいの間は食べ物をミキサーにかけ、液状にしてから食べる(飲む)ことになります。
焼き肉とか焼き肉とか焼き肉とか・・・絶対に食べたくなるんだろうな~。
でも、こう言う事は滅多に経験できるモンじゃないので、意外と面白いかもしれませんね。
それに、あまり食べなくなったら痩せられるかも!
その状態でジムに通えばモチベーションが上がりそうな気がします。

入院中もネタBlogが書けたらいいな~。
ノートパソコンを持ってないから、iPhoneでどこまで出来るか・・・。
アプリはあることはあるけど・・・。

取り敢えず、更新できるように頑張ってみます、ハイ。

コケた。

はい。
久々の更新です。

今月からジムのスタジオレッスンで『ZUMBA(ズンバ)』っていうラテン系のダンスレッスンが加わりました。
先月まで同じインストラクターの先生が同じ曜日の同じ時間に『ステップ初級』をやっていたのが、何故か今月から『ZUMBA』にガラっと変更になりました。
この先生のステップ好きだったのに。
で、同じ先生ってことで参加してみたんですが・・・

無 理。

何が無理って、あの南米の太陽の如く底抜けに明るいラテンのノリには、底なし沼のように根暗な私にはついて行けない。
もうね、テンションMAXにしないとダメ。
私がテンションMAXにするにはスーパーサイヤ人になるくらいじゃないと。
クールビューティな私にはとても受け入れられないレッスンだったので、開始20分後、そっとスタジオを退場しました。
『コア・リズム』もあるけど、それもちょっとラテン系かな?
でも、こっちはあくまで「コアを鍛える!」のが目的なのでわざわざテンションを上げなくても大丈夫なんですよ。
しかもインストラクターはキックボクシングの先生なので更に鍛えられます。(と、言っても相変わらず私の腹は出てるけどさ)

今日も前置きが長くてすみませんね。

えーっと、先日の日曜日、ジムに行く途中で車と人通りの多い道路で思いっきりバッタリとコケました。
「恥ずかしい!」っていうより「やってしまった・・・。」とヘコみました。
怪我は膝をちょっぴり擦りむいただけだったんですが、何だかよく分からないけど精神的ダメージの方が大きかったです。
筋トレも集中してできなかったほど。
でも、その後のキックボクシングに出たらヘコんだ気持ちはなくなってました。
単純ですね。

それは良しとして、コケかたは何かにつまずいたのではなく、歩いてて、いきなりバランスが崩れてバッタリと行ってしまいました。
こういうコケ芸(芸て)、以前にも何度かありました。
記憶に新しいのは、去年の春先、うちのワンコさんの散歩をしていた時でした。
先にトコトコ歩いていたワンコさん、いきなり後ろで私がバッタリと転倒するもんだから、ちょっと驚いて
「大丈夫!?」
と、私の方に駆け寄って来た・・・
と、思ったら私を素通りして、散歩バッグに入っていたワンコ用のオヤツを盗み食いしだしたよ。
所詮は犬。
ちょっと嬉しかった私の気持ちを返して。

私の場合、右足のバランスがいきなり崩れて転倒するようです。
靴が合ってないのか、身体のバランスが悪いのか。
あとは大昔、右足を捻挫した事があったので、その後遺症(?)なのか。
更にその歩道、地面がデコボコしていて歩きにくかったので凹った部分に足を取られたとか。

要因はいろいろあるだろうけど、一番確かな原因は、妄想しながら歩いてたって事かな。
・・・。
・・・。

みんな!
妄想しながら歩くのはとっても危険だぞ!

血ィ取り合戦

先日、めでたく1つ歳をとりました。
メッセージやメール、ブツを下さった方々、本当にありがとうございました。

母と妹から、何と、COACHのショルダーバッグを頂きました。
うおぉぉー。
ここここんな高級おバッグを持つなんてゆめゆめ考えてもなかった。
ありがとうございます、と、二人に土下座並にペコペコしてたら、姪っ子さんがすかさず

「これ、安かったんよねー。」

と、大暴露したので母と妹は失笑。

いやでも、どんなモノでもこんな齢になっても何か頂けるのは本当にありがたいです。
そうか、安かったのか・・・。


話は変わって、今日は久々に有休を取ったので献血に行こうと思いました。

理由は、ホラ、あれですよ。

『はたちの献血キャンペーン』

あ。

何かこう・・・「は?」とか「あ"ぁ"!?」とかドスのきいた疑問の声が聞こえてくるよ。

すみません、冗談にもほどがありました。

だって『はたちの献血キャンペーン』の期間はとっくに終わってますもんね!

あら?

何かこう・・・「お前、全然違うとこでボケとるがな!」って声が聞こえてくるよ。

まぁ、いったい何のことでしょう。

で、先日、めでたく20才になったので・・・・と、書いたらしつこい!と言われかねないのでやめておこう。

理由は何でもいいじゃないですか。
気が向いたってことで。

ものすごく無駄に長い前フリ(?)でしたが、近くの献血ルームに行ったわけです。

実は高校の時、学校で1度だけ献血車が来たことがありました。
あの時は学校全体だったのか、私らの学年だけだったのか忘れましたが、献血をする事になったのです。

初めてなので、どんな事をするのかワクワクしながら行きました。
献血前に、健康状態、血管の太さチェック、血液型などの検査を受けます。

が。

当時、私の血管は極細だったらしく、これでは献血できないと言われ、その時は私だけ献血をする事が出来ませんでした。
スタッフの方から
「せっかくなのに、すみませんねー」
と、言われてジュースまで頂いた時、何だかえらく落ち込んだ記憶があります。
妙な敗北感が漂ったものです。
何で負けた気がしたのかよく分からないけど。

それ以来、献血ルームを見かけてもいつも素通りしていました。

で、今日、思い立ってリベンジを果たしに献血ルームに「たーのーもー!」と、言わんばかりに乗り込みました。
高校時代と違って今回は検査に引っかからない自信があったのです。
会社で毎年やってる健康診断で採血が出来ているから、血ィ取るくらいの太さの血管に出来上がっているハズ!と。

初めてなのでいろいろと手続きしてから検査に入ります。
健康状態は、ジムに通いつめているから問題ナシ!
睡眠時間は、寝坊するほど寝ているので問題ナシ!(そうか?)
血圧も異常ナシ!
血液型はA型!(どうでもいい)
血管の太さもちょっと危なかったけど辛うじてクリア!
あとはちょっと採血した血で事前判定の結果だけ。

「つ、ついに献血を制覇(?)するんだ!」

と、待合室で勝ちどきをあげそうになったその時、

スタッフ:「ヘモグロビンの数値が足りないので、すみませんが、今日は出来ません。」





ヘモグルォヴィン?

ヘモグロビンの基準値は、女性は11.4~14.6g/dlで、私は12.1g/dl。
数値的には基準値よりも上なんだけど、献血の基準は更に上で、12.5g/dl以上ないとダメなんだそうです。
要するに献血するには血が薄いと。

要するに今回も負け

私:「は、そ、そすか・・・。」
スタッフ:「せっかく来て頂いたのにすみません。」
すみませんはこっちのセリフですよ。
スタッフ:「良かったら、お飲物を飲んでお帰り下さい。」

そ、それじゃ、高校時代と全く同じや~!

私は次回また来るために献血カードだけ発行してもらって、何も頂かずにそのまま献血ルームを出ました。

献 血 2 連 敗!

おろろーーーん!

お、覚えてろーー!
次回は必ず血ィ取ってもらうからなー!

よし、鉄分だ!
鉄だ、鉄!
スプーンでも舐めておくか!

次回予告
『はじめての献血にどっきどき☆』
※尚、内容は変更する場合がございます。

Facebookを退会した

と、いうワケで、Facebookを退会しました。

「早ッッツ!!!」

「1週間もたっとらんがな!」

って総ツッコミが聞こえてきます。

ありがとうありがとう。

やっぱり、アレもコレも管理するのは無理だわ。
現状維持で行きます。

小室さんの方はFacebookをどう使うのか分かりませんが、しばらく傍観することにします。

ちなみにアイコンとして使われていた画像はコレでした。

taro.jpg

見かけた方はラッキーでしたね。
プロフィィィル

nagaoka(ながおか)

Author:nagaoka(ながおか)
【誕生日】
4月2日生まれ。
【性格】
熱しやすく冷めやすい。ゆえに飽きっぽい。そのわりにTM NETWORKファン歴は長いんだからよく分からないもんだね。
気難しいと言われるし自分でもそう思う。
『好きor嫌い』『白or黒』などの両極端な選択肢しかない単細胞。

生態記録
あたたか~いコメント
トラック!バック!
月別アーカイブぅ
ボヤいてます
メール送ってみる?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。