スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院生活 その1 【手術編】



忘れた頃に入院生活のネタ更新。
記憶が乾かないうちに書かなければ。

その前に・・・。
4月24日、25日にTM NETWORKとして武道館でライブがあるそうですよ!(どんどんどん ぱひぱひぱひ どんどん)
その前の3月20日に幕張メッセでTM NETWORK、米米クラブ、プリンセスプリンセスが共演というアラフォーホイホイ的イベントがあるようですが、それには行けません。4月に賭ける。
最後に武道館でTMを見たのは2004年の『DOUBLE-DECADE TOUR FINAL』でした。
同年に歯列矯正を始めて、その武道館ライブの直後に矯正装置が入ることになっていました。
だから、「この今の歯でライブを見るのはこれで最後か。」と、しみじみ思ったものです。
んで、今年。術後の4月にまた武道館。
武道館ライブは私的に歯的に節目にあたるもんだなぁ・・・。

以上、ファンのクセに滅多に書かないTMネタでした。

てなわけで、今回は【手術編】ですよ。

2011年12月14日
手術の前日に母親もまじえて教授の先生、担当医から詳しい内容の説明を受けました。
手術名は【両側下顎枝矢状分割術】
どんな手術か簡単に説明すると、(私の場合)
顎の骨を切開して顎を程良い位置に定着させるというモノ。

施術法



・・・・何かゴメン。
絵がヘタすぎてゴメン。
分かりづらくてゴメン。
とにかく、突き出た下顎を奥に引っ込めるっちゅーワケです。

顎変形症でよく行われる手術で、かかる時間も2時間程度で済みます、と言われ、その場にいた全員が 楽 勝 と思っていました。


が。


2011年12月15日
手術は10時30分からなので、時間まで待機。
全身麻酔なので朝は水1滴すら飲めず。
緊張もなくボヘーっとしており、あまりにもヒマなので腕立て腹筋をしていたら、麻酔科の女医さんからうっかり目撃されてちょっとテレたりなんかしているうちに母親が到着。
テキトーな話をしていると、担当の看護師さんが来て術衣に着替えるように言われ、素早く変身。
やがて、時間が来て手術室まで移動し、自分で手術台にのぼって仰向けに寝ます。
天井には手術用のデカいライト。
さっき、うっかり腕立てと腹筋を目撃された麻酔科の女医さんが来て、私の顔に麻酔用のマスクを当てます。

実は歯科大病院でこの手術台にのぼるのは2度目。
前回は局部麻酔だったので完全に意識があった状態だったんですわ。
なので、全身麻酔で意識が途切れる瞬間というのがどんなモノなのかワクワクしていました。(アホ)

「うんうん、まだ意識がある。お、BGMが流れてるな~。またSMAP!?前の時もSMAPが流れてたけど、誰かファンがいるの?せめてここは患者の好みでBGMを決めさせてほしいもんだ。やっぱり私だったらT(プツっ)


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・


「nagaokaさん、終わりましたよ~」
と、言う声でパッチリ目が覚めました。
普段から寝起きは良い方ですから意識もバッチリ。
ガラガラと寝たまま運ばれて行きます。
「(手術は2時間くらいだって言ってたから)今は昼の1時か2時くらいかな~。」
と、考えていたら病棟の個室に到着。
既に母が待機していました。
ベッドに寝かされ、酸素マスクを装着されて一息ついたところで母が話しかけてきました。
母「あんた、大丈夫?」
私「うん。」
母「今何時だと思う?4時よ、夕方の。」
私「は?」
母「6時間かかったんよ。アタシ、あんたがどうかなったのかと思ったわ~。」

こんなに時間がかかった原因は私の顎の骨が硬すぎて全然切れなかったそうです。

母「さっき、切った骨を見せてもらったけどね、まー、骨密度はぎっしりだったわ。」
と、笑われました。
身体は鍛えていたけど、顎の骨まで鍛えた覚えはなかったな~。
後日、切った骨を自分で見たら、キレイなものだと自画自賛。

その夜は、全く眠れませんでした。
傷が痛いとか、1人じゃ怖いとかそんな乙女な理由じゃなくて、何故か腰が痛い。
看護師さんに対処してもらったけどあまり効果がなかった。
点滴やら何やらいろいろと身体につけているから寝返りも出来ず、かなり苦しかった。
うとうとし出したら、検温で入ってくる看護師さんの気配でぱっちり目が覚めてしまうという始末。
早く朝にならないかと、長い長い夜を過ごしていました。

2011年12月16日
結局一睡もできずに朝。
上下の歯を固定しているので朝食を頂くことはできず、更に9時頃にレントゲンを撮りに行くというハードスケジュール。(移動は車椅子だったけど)
撮影して初めて、手術がうまくいったと判断できました。
万一ダメだった場合はまたすぐに手術なんだそうですよ。

と、まぁ、手術始め~終わりの流れはこんな感じでした。

ちなみに、下顎を切ったので頬と下唇がドーーーーーン!!と腫れました。
通常の3倍(当社比)
もうね、リアルきんどーさん(古)

腫れのピークは3日目で、下唇がぷっくりと腫れ、まるで焼肉のホルモンみたいでちょっと美味しそうに見えました。

以上、【手術編】でした。

■おまけ■
術後、上下の歯をワイヤーでガッチリ固定しているので食べることも出来ない上に、話すことも出来ません。
なので、私は筆談をしていたんですが


筆談母


普通に話せる母も何故か筆談。



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィィィル

nagaoka(ながおか)

Author:nagaoka(ながおか)
【誕生日】
4月2日生まれ。
【性格】
熱しやすく冷めやすい。ゆえに飽きっぽい。そのわりにTM NETWORKファン歴は長いんだからよく分からないもんだね。
気難しいと言われるし自分でもそう思う。
『好きor嫌い』『白or黒』などの両極端な選択肢しかない単細胞。

生態記録
あたたか~いコメント
トラック!バック!
月別アーカイブぅ
ボヤいてます
メール送ってみる?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。